47 PLANNING

MESSAGE

MESSAGE

~当たり前なんてものはない~

2011年に発生した東日本大震災で2万人近い日本人が亡くなりました。

我々は、その方達がどうしても生きたかった「明日」を生きています。
東日本大震災を、ただの悲劇で終わらせない為にも東北を震災前よりも強く、豊かな地域にしなければなりません。
東北は、どん底から這い上がり、日本の希望、再生の象徴として日本を地方から引っ張り、
日本の活性化を成し遂げるリーダーに成り得ると私は思っています。
東日本大震災を経験したことには何か意味があるはずです。
とても悲しいこと、辛いことが沢山ありましたがそのマイナスのエネルギーを、プラスに変え、爆発させることで日本が良くなる原動力になるのではないかと思っています。
そして、日本が成長を続け、世界から「尊敬される国、日本」になることが生涯を懸ける私の使命です。

株式会社47PLANNING 代表取締役

鈴木賢治

MEMBER PROFILE

1982年生まれ、福島県いわき市出身。大学卒業後、イベント会社を経て2009年、(株)47PLANNINGを創業。東日本大震災が発生し実家も全壊する中、福島県いわき市駅前に復興飲食店街の夜明け市場を設立。空きシャッター街を年間10万人訪れる場所に再生する。現在、北海道から沖縄まで、全国各地の商業施設の運営や街作りに携わり、地域の魅力を最大化することで、観光人口、交流人口を増やし、47都道府県を活性化することに情熱を注いでいる。企業家団体であるEO東北第2期会長。